尾崎隆久税理士事務所へようこそ!!

更新情報

NEW!!リーダーになったらを更新しました。 '17.8.16

NEW!!スタッフブログを更新しました。 '17.7.30

経営革新等支援機関に認定されました。 '13.12.2



スタッフブログ新着記事

カンボジア総選挙

映画father

北大阪震度6弱



毎週月曜日更新



お役立ち情報リンク





8月16日~今日は何の日?~

1874年 - ワッパ騒動。

ワッパ騒動(ワッパそうどう)は、1873年(明治6年)末から1880年(明治13年)末の7年間にわたって、今の山形県庄内地方のほとんど全ての村を巻き込み、1万数千人もの農民が参加して展開された「百姓一揆」から「自由民権運動」へと発展した大規模な民衆運動で、雑税を廃止させ・租税率を下げさせ庄内の近代化を促した事件である。 

明治新政府は1872年(明治5年)本年貢や雑税の石代納を許可したが、酒田県(第2次)は農民に米を納めさせ、御用商人が売却して政府に金を上納する仕組みを採っていた。当時、米の値段は高騰していたため、県では米取引を通じかなりの利潤を得ていた。取り上げられた年貢米と利潤の間にある差額分の過納金を取り戻せば、ワッパ(曲げわっぱ)で分配するほどの金が戻るはずだというところから、その呼称をされるようになったという説が現時点では有力とされる。