尾崎隆久税理士事務所へようこそ!!

更新情報

NEW!!リーダーになったらを更新しました。 '17.1.15

NEW!!スタッフブログを更新しました。 '17.12.18

経営革新等支援機関に認定されました。 '13.12.2



スタッフブログ新着記事

育児日記~発表会~

第35回1万人の第九

防災訓練



毎週月曜日更新



お役立ち情報リンク





1月19日~今日は何の日?~

1795年 - バタヴィア共和国が成立。

バタヴィア共和国、バターフ共和国(バタヴィアきょうわこく、オランダ語: Bataafse Republiek、フランス語: République batave)は、1795年から1806年まで現在のオランダに存在したフランスの衛星国。ネーデルラント連邦共和国の崩壊後に成立した。1806年にルイ・ボナパルトを国王とするホラント王国へと移行した。

国名は、古代ローマ時代にネーデルラント北部、現在の南ホラント州一帯に定住していたゲルマン系のバタウイー族に由来する。オランダ人の民主派勢力である愛国者(パトリオッテン)派は、1787年に一時フランスなどに亡命していたが、彼らはオランダ(ネーデルラント)人ではなくバターフェン(バターフ人、バタヴィア人)と名乗っており、帰国して実権を握った際にこれを国名とした。