尾崎隆久税理士事務所へようこそ!!

更新情報

NEW!!リーダーになったらを更新しました '19.8.19

NEW!!スタッフブログを更新しました '19.6.29



スタッフブログ新着記事

MUJI

第70回全国植樹祭あいち2019

社会に関心を持ち、主体的に考え、行動できる若者をどう育てるか



毎週月曜日更新



お役立ち情報リンク





8月22日~今日は何の日?~

1998年 - 第80回全国高等学校野球選手権大会決勝戦で、横浜高校の松坂大輔が決勝戦では史上2人目となるノーヒットノーランを達成

80回目の大会を記念して従来の北海道、東京の他、参加校が150校以上の埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫の各地方大会をの2地区に分け、合計55代表校で実施された。参加校の増加は第60回大会以来である。

この大会より白長袖ワイシャツに紺スラックスだった審判服が廃止され、IBAF国際野球連盟標準仕様である、水色半袖シャツにグレーのスラックスという服装に一新された。また、アウトサイドプロテクターを用いての球審はこの年が最後となった。

開会式の選手入場行進では、80回の歴史で全大会の予選に出場した15校の主将が甲子園に招待され、出場校に先立ち入場した。

この大会は、東神奈川代表の横浜高校が準々決勝では延長17回を完投勝利、準決勝では終盤で大逆転、そして決勝では松坂大輔が無安打無得点試合で春夏連覇を達成した。また、後に松坂世代と呼ばれる学年が活躍した大会でもある。