尾崎隆久税理士事務所へようこそ!!

更新情報

NEW!!リーダーになったらを更新しました。 '17.6.18

NEW!!スタッフブログを更新しました。 '17.6.12

経営革新等支援機関に認定されました。 '13.12.2



スタッフブログ新着記事

ギターとウクレレと土偶と

6年ぶりに

豊麻神社例大祭



毎週月曜日更新



お役立ち情報リンク





6月22日~今日は何の日?~

1986年 - FIFAワールドカップメキシコ大会準々決勝で、ディエゴ・マラドーナの「神の手ゴール」と5人抜きの「世紀のゴール」により2対1でアルゼンチンがイングランドに勝利。

両チーム無得点で迎えた後半4分、ドリブルでゴール正面に切り込んだディエゴ・マラドーナは、ホルヘ・バルダーノとの壁パスでDFラインを抜けようとした。イングランドのスティーヴ・ホッジがパスをカットしたが、蹴り上げたボールはペナルティエリア内にふわりと浮かんだ。落下地点にはマラドーナが走りこんでおり、GKピーター・シルトンは慌てて前方へ飛び出した。両者は空中でボールを競り、シルトンのパンチングより先にマラドーナがボールに触り、ゴールに流し込んだ。マラドーナがヘディングを決めたように見えたが、イングランドの選手は主審にハンドをアピール。テレビ中継の再生映像には、マラドーナがジャンプしながら振り上げた左手の拳でボールをはたいている瞬間が映っていた。だが、主審はマラドーナがヘディングでボールにコンタクトしたと判断し、ゴールを認めた。マラドーナは試合後のインタビューでこのプレーについて聞かれると、「ただ神の手が触れた」と表現した。以後、サッカー界ではこれに類するプレーが神の手(Hand of God)と呼ばれることになった。マラドーナは「神の手」ゴールから4分後にも、センターライン付近からドリブルでイングランドの選手5人をかわす驚異的な「5人抜きゴール」を決め、母国の国民的英雄となった。