尾崎隆久税理士事務所へようこそ!!

更新情報

NEW!!スタッフブログを更新しました。 '17.2.13

NEW!!リーダーになったらを更新しました。 '17.2.13

経営革新等支援機関に認定されました。 '13.12.2



スタッフブログ新着記事

鬼祭り全力参戦

国歌斉唱

育児日記~発表会~



毎週月曜日更新



お役立ち情報リンク





2月19日~今日は何の日?~

1865年(元治2年1月24日) - 長崎に大浦天主堂が完成する。

大浦天主堂(おおうら てんしゅどう)は、長崎県長崎市にあるカトリックの教会堂である。江戸時代幕末の開国後、1865年(元治2年)に建立された。日本に現存するキリスト教建築物としては最古である。正式名は日本二十六聖殉教者堂。その名のとおり日本二十六聖人に捧げられた教会堂で、殉教地である長崎市西坂に向けて建てられている。

1953年(昭和28年)、国宝に指定された。また、2007年(平成19年)にユネスコの世界遺産(文化遺産)暫定リストへ掲載が決まった「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を構成する文化財の1つである。